パーキンソン症候群 薬の副作用 症状

薬の副作用によるパーキンソン症候群の症状について等

スポンサーリンク

パーキンソン症候群とはパーキンソン病と似た症状が、心身に現れる疾患の事を言います。
パーキンソン病とは難病指定がされている疾患の一種で、基本的には50歳以上の人が発症しやすいと言われています。
日本国内では10万人に対して100人程度の割合で発症するとされていて、一度発症すると少しずつ状態が進行していきます。
 パーキンソン症候群はパーキンソン病と似た症状が現れますが、発症原因が明確である事が大きな違いとなっています。
 パーキンソン病の発症原因に関しては脳と関わりがある事は分かっていますが、今も明確になっていない部分が多くあります。
これに対してパーキンソン症候群の発症原因は、服用している薬の副作用等のようにハッキリしています。
薬の副作用は代表的な原因ですが、それ以外にも脳全体の機能障害や何等かの神経変性が原因となるケースもあります。

スポンサーリンク

 パーキンソン症候群を発症した場合に現れる症状については、基本的にパーキンソン病と同様だと言えます。
具体的には手足の震えや歩行障害等の身体症状、うつ症状等の精神症状を挙げる事が出来ます。
 ただし薬の副作用等が原因で起きるパーキンソン症候群の場合、パーキンソン病よりも進行が早い等の特徴があります。
進行が早い以外にも薬の副作用が原因のパーキンソン症候群は、パーキンソン病の治療薬が効きにくい等の特徴が現れます。
またパーキンソン病の手足の震えは左右どちらかだけの場合が多いですが、この疾患の場合には両方に震えが現れる事が多いと言われています
 パーキンソン症候群の治療方法については原因によって異なるため、まずは原因を特定する事が重要になります。
例えば薬の副作用が原因ならば薬の服用を中止しますし、薬の副作用以外の場合には薬物療法等が行われる事が多いです。

スポンサーリンク