薬剤性パーキンソン 原因 治療方法

薬剤性パーキンソンの原因や治療方法等について

スポンサーリンク

薬剤性パーキンソンとは難病であるパーキンソン病と似た症状が現れる疾患の事で、原因がハッキリしているのが特徴の一つです。
一般的によく耳にするパーキンソン病は発症原因が脳と関係しているのですが、明確になっていない部分も多くあります。
基本的に50歳以上の人が発症しやすいと言われていて、日本では10万人に対して100人程度の割合で発症するとされています。
 薬剤性パーキンソンはこのパーキンソン病と似た症状が現れるのですが、具体的には手足の震え等が挙げられます。
この手足の震えは基本的に左右どちらかだけに現れるのですが、悪化してくると左右両方に現れてくる事もあります。
 手足の震え以外にも全身の筋肉がこわばって上手く動けなくなる、歩行に支障をきたすようになる等の症状が現れる事も多いです。
こうした身体面の症状以外にもうつ状態になる等、精神面での症状が現れてくる事もあります。

スポンサーリンク

 前述したように薬剤性パーキンソンはパーキンソン病と違って、発症原因が明確である事が一つの特徴となっています。
その発症原因とは病名からも分かるように、何等かの薬の副作用として発生するというものになります。
薬剤性パーキンソンの原因となる薬は複数ありますが、特にドーパミンの減少に関わる薬が原因となる事が多いと言われています。
 薬剤性パーキンソンを発症した場合の治療方法についてですが、一番の治療方法は原因となっている薬の服用を止める事です。
薬の服用を止めるという治療方法を行う事で、時間の経過とともに症状も落ち着いてきます。
この症状が自然と落ち着くまでにかかる期間は2ヶ月〜半年程度の場合が多く、それ以上経っても治らない場合には病院で相談するのが望ましいです。
 この薬の服用を止めるという治療方法は、薬剤性パーキンソンの治療に高い効果を発揮してくれます。
しかし自分で勝手にこの治療方法を行うのは危険なので、かかりつけの医師に相談してこの治療方法を行うのが望ましいです。

スポンサーリンク