パーキンソン病 寝たきり 楽しみ方

パーキンソン病で寝たきりの状態での楽しみ方とは

スポンサーリンク

パーキンソン病とは、手足が震えたり、動きが遅くなったり、筋肉が固くなったりという症状が出る病気です。
また、身体のバランスが悪くなるという症状が出ることもあります。
パーキンソン病は薬物治療や生活環境の改善、リハビリテーションなど様々な点から治療していくことができます。
しかし、パーキンソン病の進行が進み寝たきりになってしまう場合もあります。
寝たきりになってしまった場合、何も楽しむことができないような気持ちになりますが、色々な工夫で楽しみ方を増やすことができると考えられます。
パーキンソン病を患い寝たきりの状態にある方も、そうではない方と同様に、積極的に前向きに楽しみ方を増やしていくということが大切であると言えます。
では、具体的にどのようは方法が考えられるのでしょうか。
一つの方法として、五感への刺激を用いた楽しみ方が挙げられます。

スポンサーリンク

聴覚であれば、電話などハンズフリーのものを用いて人とコミュニケーションを図るということも一つの良い方法であると言えます。
同様に、音楽を聴くというのも良い方法と言えそうです。
また、嗅覚であればアロマという楽しみ方ができそうです。
食事をとることが可能な状態であれば、日々の食事も楽しみの一つになるかもしれません。
これは味覚という観点からも同様です。
そして、触覚であればマッサージをしたり、色々な感触のものに触れてみるということも良い方法だと考えられます。
視覚であればテレビや映画鑑賞も楽しむ方法としては最適だと言えます。
以上のように、パーキンソン病が進行し寝たきりの状態になっても、工夫をすることで楽しみ方は増やすことができると言えます。
また、パーキンソン病を患い寝たきりとなってしまった方が、どのようなことを趣味としていたのか、何に興味眞あるのかに注目することも大切です。
その中に寝たきりの状態でも、楽しみ方を広げるヒントがあると考えられます。

スポンサーリンク