若年性パーキンソン病 20代 寿命

若年性パーキンソン病を20代で発症した時の寿命

スポンサーリンク

パーキンソン病は患者の多くが40代から50代で発症する事が多いですが、中には70代を過ぎてから発症する場合もあります。
逆に20代で発症する事もありこれを若年性パーキンソン病と言います。
若年性パーキンソン病はパーキンソン病の患者の1割以下なので20代での発症はそれほど確率が高いとは言えませんが、特に稀なケースとも言えないのです。
パーキンソン病は遺伝的な要因が大きい病気ではないとされていますが、20代や30代で発症する若年性パーキンソン病の場合は遺伝的な要因が大きいです。
パーキンソン病は現在の医療技術では完治する事はできない病気で病気による症状の進行を遅らせる治療をするしかありません。
治療を少しでも休んでしまうとパーキンソン病の症状は悪化していく一方なので常に治療を継続していかなくてはその後の寿命が短くなってしまいます。

スポンサーリンク

20代で若年性パーキンソン病を発症した時の寿命は発症していない人と比べて大きく寿命が短くなる事は基本的にはありません。
若年性パーキンソン病を20代で発症したからと言って平均寿命が30歳や40歳になる訳ではないのです。
しかしパーキンソン病が原因の合併症を併発した場合は数年で死亡したり10年から20年で死亡するケースもあるので合併症を併発するかどうかが寿命に大きく影響します。
これは中年以上で発症するパーキンソン病でも20代や30代で発症する若年性パーキンソン病でも同じです。
根本的な治療がないので常に治療を行い進行を遅らせて症状の悪化を抑えながら合併症を予防していけば20代で発症する若年性パーキンソン病を患っても平均寿命に近い年齢やそれ以上生きる事ができます。
もしパーキンソン病の初期症状である手や足の震えなどを日常的に感じるのであれば病院を受診するべきです。

スポンサーリンク