若年性パーキンソン病 寿命 何年

若年性パーキンソン病の患者は何年くらいの寿命かについて等

スポンサーリンク

若年性パーキンソン病とはその名前からも分かるように、若くして発症したパーキンソン病の事を言います。
基本的にパーキンソン病は50歳以上の人が発症する事が多いのですが、中には40歳未満で発症してしまう人もいます。
こういった人のパーキンソン病を若年性パーキンソン病と呼び、一般的なパーキンソン病と区別します。
  パーキンソン病が発生する原因については不明な点も多く、現在でも研究が続けられています。
ただパーキンソン病の患者の脳の神経細胞の一部に変性が見られる事から、発症原因に脳が深く関わっている事は間違いないです。
 この脳の神経細胞の変性が起きる理由はいくつか考えられますが、その一つに遺伝が原因となるケースが挙げられます。
若年性パーキンソン病はこの遺伝が原因となって脳の神経細胞に変性が起きて、パーキンソン病を発症してしまうケースが多いです。

スポンサーリンク

 若年性パーキンソン病を発症した場合に現れる症状としては、手足の震えや歩行障害等があり一般的なパーキンソン病と同じです。
ただ若年性パーキンソン病は進行がゆっくりであるという特徴があるため、症状もゆっくりと弱く現れてくる事が多いとされています。
 若年性パーキンソン病の治療方法はパーキンソン病と同様で、薬物療法等を行う事になります。
状態の進行を遅らせる薬等が処方されますが、それ以外にも手術等で状態の改善を試みる事も少なくないです。
 パーキンソン病は難病指定をされている疾患で完治は難しく、最終的に寝たきりになってしまう事もあります。
若年性パーキンソン病を発症した場合に何年くらいの寿命となるかについては、多少の個人差があると言われています。
治療開始が早ければ何年でも寿命は延びる可能性がありますが、治療開始が遅れるとそれだけ何年かは寿命が短くなる可能性があります。
 ただし上記したように若年性パーキンソン病は基本的に進行が緩やかなので、適切な治療をしていれば寿命は何年でも長くなると言われています。
早期発見で薬物療法等による治療でコントロール出来れば、一般の人と同じくらいまで寿命を延ばせる事もあるのです。
寿命が何年になるかは本人がどれだけ早く病院を受診するかにかかってくるので、何年も寿命を延ばすためにも早めの治療開始が望ましいです

スポンサーリンク