ストレス パ−キンソン病 特徴

パ−キンソン病の特徴の一つがストレスです

スポンサーリンク

パ−キンソン病の発症は、高齢者に発症するのが基本的な特徴です。
しかしストレスの関係上、10代や20代に発症する確率が高くなっています。
ストレスを発散する所があると良いのですが、最近はストレスを発散する所が少なくなっています。
10代や20代の特徴の一つとして体内にストレスをため込んでしまうためにパ−キンソン病を引き起こすということが挙げられます。
パ−キンソン病の二つ目の特徴は初期症状に治療することで治りやすくなるということです。
手や足が原因不明の震えにおそわれてしまう他に筋肉のマヒや歩くことが非常に困難になってしまうというのがパ−キンソン病の初期症状です。
パ−キンソン病が発症する最大の特徴としてジスキネジアが出やすくなるということです。
ジスキネジアは別名を不随意運動と呼びます。
不随意運動が起こると大量の汗をかいたり疲れやすく、より一層ストレスを感じやすくなります。

スポンサーリンク

パ−キンソン病の最大の特徴になっているジスキネジアには非常に厄介な点が一つだけあります。
長時間、放置していると体の自由がなくなり完全に動くことができなくなります。
睡眠時間が、はっきりしているかどうかという点も特徴の一つです。
十分に睡眠時間が足りていると発症する確率が減少するのですが反対に睡眠時間が足りていないと余計なストレスが加算されてしまいます。
更に自律神経が崩壊してしまいます。
自律神経は感情を抑えるための神経になります。
感情を抑える自律神経とストレスは非常に関係しているかもしれません。
体内にため込んでいるストレスが余計加わすことで自律神経が崩壊し、最悪の場合は命の危険にさらされてしまう可能性があります。
更に自律神経が崩壊することで意識がなくなってしまい合併症を引き起こします。
従って初期の治療が重要です。

スポンサーリンク