パーキンソン病とは 検査

パーキンソン病の検査方法について

スポンサーリンク

どうもこんにちは!
今回の記事では、「パーキンソン病の検査方法について」ということで、このタイトルの内容にそって進めていきたいと思います。
ここで記載した内容がみなさんのお役に立てることが何よりうれしいことですので一生懸命書きたいと思います。
それではまいります。
パーキンソン病かどうかを見極めるために、発症している症状以外にも確認しなければ診断できない部分があります。
その部分を検査で明らかにします。
その検査についてですが、大きく2つあります。

スポンサーリンク

1)血液検査、髄液検査
2)脳の画像検査(CT、MRI)
この検査をすることにより、ほかの症状でパーキンソン病に似た症状がでているのか、それともパーキンソン病を発症しているのかを見極めていきます。
血液検査だけですと、誤った診断になる可能性もありますので、脳の画像検査で主にMRIを用いて、脳腫瘍などの症状ではないかどうかをしっかりとみていきます。
筋肉が動きにくくなるなどの症状は、脳でほかの病気の場合も可能性としてありますので、このような検査および問診、症状の確認などを総合的に判断してパーキンソン病かどうかの診断をおこなっております。
パーキンソン病は進行が速いため、早期で見つけることが非常に大切です。
ですので、健康診断などは積極的に受けましょうね。
以上で内容は終わります。
いかがでしたでしょうか?参考になる部分はありましたでしょうか?
少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク