薬剤性パーキンソン 原因 治療方法

パーキンソン病の症状の進行速度に付いて等

スポンサーリンク

パーキンソン病とは難病指定をされている疾患の一つで、50歳以上の人が発症しやすいとされています。
日本では10万人に対して100人程度の割合で発症すると言われていて、一度発症すると少しずつ進行していきます。
 パーキンソン病の症状の進行速度については個人差があるため、一概にどの程度の進行速度だと言いきる事は難しいです。
発症してから末期状態になるまでの進行速度は15年程度という説もありますが、発症してから10年以上経過しても普通に生活が出来ている人もいます。
また発症してから5年程度で、自分で動けなくなるほどに進行速度が速い患者はまずいないとされています。
 ただパーキンソン病は進行速度にバラつきがあっても、確実に状態が進行していく事は間違いないです。
そのため進行速度がたとえ遅かったとしても油断せずに、きちんと治療を続けていく事が大切になります。

スポンサーリンク

 パーキンソン病が発生する原因については不明な点も多く、現在でも研究が続けられています。
ただパーキンソン病患者の脳の神経細胞の一部に変性が見られる事から、発症原因に脳が深く関わっている事は分かっています。
 パーキンソン病を発症した場合に現れる症状としては、手足の震えや歩行障害等の症状がよく知られています。
この手足の震えという症状は左右どちらかだけに現れるのが基本ですが、悪化してくると左右両方に現れる事もあるとされています。
 それ以外にも腰痛や関節痛等の痛みの症状、うつ状態等の精神症状が強く現れるケースもあります。
 パーキンソン病の治療方法に関しては薬物療法を行うのが一般的で、進行を遅らせる作用のある薬等が処方されます。
この薬物療法を一定期間続けても期待する効果が得られない場合等は、手術によって状態の改善を目指す場合もあります。

スポンサーリンク