パーキンソン病 寝たきり 楽しみ方

パーキンソン病は高い頻度で意味不明なことを口走ることがある

スポンサーリンク

パーキンソン病は主として50歳以上で発症する神経性の疾患で、運動障害を伴います。
意味不明なことを口走るなどの運動障害以外の症状が出ることもあります。
50歳未満で発症することもあり、その場合は若年性パーキンソン病と呼ばれています。
パーキンソン病の原因についてはさまざまな研究が行われていますが、今もって不明です。
病理学的には、神経伝達物質であるドーパミンを算出する細胞が変性し、その生成量が減少することで脳に変化があらわれるのが直接の要因であるとされています。
意味不明なことを口走るのも脳の変化のせいだと考えられています。
パーキンソン病の症状には、運動症状と非運動症状の2種類があります。
主な運動症状としては手足の震えや歩行障害があります。
震えは初期には身体の片側だけにあらわれますが、徐々に反対側にも転移します。
歩行障害では歩幅が狭くなって動作が緩慢になり、転倒しやすくなったりします。

スポンサーリンク

一方、パーキンソン病の非運動症状としては、便秘・発汗・立ちくらみなどの自律神経に故障が出ることが高い頻度で起こります。
それに次ぐ頻度で起こるのが睡眠障害で、夜中に意味不明なことを口走るなどの症状が出ることがあります。
抑うつなどの精神症状も比較的高い頻度で起こります。
また、認知機能に障害が発生したことで意味不明なことを口走るケースもあります。
かつてはパーキンソン病における認知機能障害の発生頻度は低いと言われていましたが、最新の研究ではかなり高い頻度で起こることが分かっています。
また、完全な認知症を併発する頻度も3〜4割程度あると言われています。
注意力が低下し、夜中と言わず1日中意味不明なことを口走るなどの症状が出た場合は認知症を疑う必要があります。
意味不明なことを口走るといっても特定のパターンがあるため、専門医の診断を仰いで鑑定してもらう必要があります。

スポンサーリンク