若年性パーキンソン病 20代 寿命

パーキンソン病という難病に対する補助金について

スポンサーリンク

パーキンソン病は、一言でいうと脳の変性疾患です。
黒質のドパミン神経細胞が変性し、細胞や組織が徐々に死んでしまう病気なのです。
食生活習慣や遺伝等、原因はまだわかっておらず、難病にも指定されています。
特徴的な症状としては、「安静時振戦」「筋固縮」「無動・寡動」「姿勢反射障害」が挙げられます。
さらに最近では、自律神経症状や精神症状等の運動とは関係のない症状も発症するのではないかと注目されています。
日本では、人口10万人当たり100〜150人の罹患者がいるとされています。
発症年齢は50〜65歳に多いとされていて、高齢化が進む中で、発症率も上がっています。
40歳以下で発症する場合は「若年性パーキンソン病」と呼ばれていて、こちらも難病指定されています。
パーキンソン病の治療方法は基本的には薬物療法になります。
しかし薬物だけでは完治せず、また、精神的なものも影響するため、日常生活の過ごし方も大切になってきます。
この薬物治療には高額な医療費がかかるので、国からの補助金を活用して治療に専念していくことになります。

スポンサーリンク

パーキンソン病は、その病気の性質上、難病に指定されています。
難病とは、正式には特定疾病と呼ばれるもので、長期間にわたる医療費を必要とすることから補助金等が交付されます。
2006年度からはガンや関節リウマチと共にパーキンソン病も介護保険における特定疾病(難病)に指定されており、介護を要する状態になったときに、各種補助金や介護保険の給付を受けることができます。
補助金を受けるためには、市区町村で発行される「特定疾患医療受給者証」が必要になります。
また、年金事務所に行って「障害年金」の申請をすることで身体障害者手帳を受けることができます。
障害者手帳を手にすれば、補助金を得られるというより、お金の負担が減ります。
パーキンソン病の治療には高額な医療費がかかるので、負担が減るのは大きな助けになります。
補助金のためのこれらの手続きを行っても、職場等に通知されることはないので、難病とはいえ、自身の病状の進行具合を見ながら、働き続けることもできます。

スポンサーリンク