パ―キンソン病 よだれ 多い

パーキンソン病の年間治療費について等

スポンサーリンク

パーキンソン病とは50歳以降の人が発症しやすいと言われている疾患で、症状は全身に及ぶ場合が多いです。
発症確率は10万人に対して100人程度とされていて、一度発症すると少しずつ進行していくという特徴があります。
初期の段階で気付いて適切な治療が開始出来れば進行を遅らせる事が出来ますが、治療開始が遅れると早く進行する事も少なくないです。
中には10年程度でだいぶ重症化してしまう場合もあり、最終的には寝たきりになるケースもあります。
 パーキンソン病が発生する原因については、今だに不明な点が多く現在でも研究が続けられています。
ただパーキンソン病の患者は脳の一部の神経細胞に変性が確認出来る事から、脳と深い関わりがある事は分かっています。
原因が解明されていないため完治させる事が難しく、今は進行を遅らせる事が治療目的となっています。

スポンサーリンク

 パーキンソン病を発症した場合に現れる症状としては、手足の震えや歩きにくさを感じる歩行障害等が挙げられます。
手足の震えに関しては左右どちらかだけに現れるのが特徴ですが、進行していくと左右両方に現れてくる事もあります。
状態がひどくなってくると日常生活に支障をきたす可能性も出てくるので、出来るだけ早めに病院を受診するのが望ましいです。
 パーキンソン病の治療方法は薬物療法が基本となっていて、進行を抑える薬等が処方される事になります。
薬物療法を一定期間続けても期待する効果がない場合には、手術によって進行を抑制する方法が取られる事もあります。
 パーキンソン病は完治が難しいため薬物療法等でコントロールするのが基本なので、常に薬の服用等を続ける必要が出てきます。
そうなると気になってくるのが年間治療費なのですが、この年間治療費は多少の個人差があります。
しかし治療費を年間合計すると自己負担額でも、かなりの高額となってしまう事も少なくないです。
 この高額の年間治療費をずっと払い続けるとなると、かなり家計を圧迫してしまう事も多くあります。
そこで現在では本人が申請をすれば、この年間治療費の免除を受けられるシステムが出来ています。
ただ年間治療費の免除を受けるためには本人が申請する必要があるので、かかりつけの病院に相談してみる事が大切です。

スポンサーリンク