ストレス パ−キンソン病 特徴

パーキンソン病の作業療法によるリハビリの特徴

スポンサーリンク

パーキンソン病というのを聞いたことがあるかもしれませんが、具体的にどのような症状の特徴があるのか、具体的に知らない方の方が多いかもしれません。
パーキンソン病は、千人に一人に発症する病気で、若い方でもなる病気ですが、特に50歳から60歳くらいの年齢に発症する方も珍しくありません。
症状の特徴としては、手や足の震えや筋肉のこわばり、歩行の困難や表情が変化しないなどがあります。
特に手や足の震えは特徴的ですが、緊張した場合には余計にひどくなることが知られています。
ただ、どうしてパーキンソン病になるのかが疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。
パーキンソン病は、脳の中のドーパミンが大幅に減ることで起こる病気です。
完全に治る病気ではありませんが、作業療法によるリハビリや薬物療法で、生活の質をあげることは可能のようです。

スポンサーリンク

作業療法によるリハビリには、どのようなものがあるかをお話すると、全身運動や筋肉を強める運動はもちろんですが、特に大事なのが姿勢やバランス運動です。
パーキンソン病の方は、姿勢やバランスがとりにくくなる特徴があり、例えば座ることや立つこと、うがいをする時にかがむなどの姿勢も困難になり、バランスを崩して大ケガを起こす可能性もあるからです。
リハビリによる作業療法には、生活で必要な動作を自分で少しでも長く続けられるような特徴的な訓練が多くあります。
ただ、パーキンソン病の特徴として、その時によって動作の動かせる範囲が異なることや体調の変化も著しいので、その時の体調や出来ることに合わせながら無理なくリハビリを続けていくことがポイントになりそうです。
また、作業療法のひとつとして、ダンスなどもあるようです。
これが筋肉のこわばりを弱くして、感覚の刺激訓練にもなるようです。
作業療法は、このように様々なリハビリを組み合わせて行われます。
パーキンソン病の余命は15年ほどですが、リハビリをサポートしてくれる作業療法士によって、安心して日々のリハビリが行えるので、生活の質を上げながら余命を延ばすこともできるようです。

スポンサーリンク