高齢者 よだれ 原因 対策

パーキンソンでよだれが出る量

スポンサーリンク

まず、パーキンソン病の初期症状は震えや、歩行障害、筋固縮による動作緩漫などがあります。
震えは60パーセントの人が感じていて、安静にしている時におこります。
それがどんどんひどくなり最終的には寝たきりになります。
また、よだれの量が多いことも症状にあげられます。
初期の頃だと、病気にかかっていない人と、唾液の分泌量はかわらないのですが、よだれを飲み込む回数が減ってしまい、口から出てくる量が増えるとされています。
パーキンソン病の人は、意識してよだれを飲み込むようにすることでよだれの量を減らすことができます。
あとは、ガムを噛んだり、飴を舐めたりすることも口をよく動かすので、よだれの量を減らす手助けになります。
パーキンソン病になりよだれの量が気になったら意識的によだれを飲み込む回数を増やし、飴やガムを食べて見るのがパーキンソン病にとっていい方法になります。

スポンサーリンク

パーキンソン病の人がどうして量がおおく垂らしてしまうのかというと、進行が進むと、病気の症状で筋力の低下あり唾液を飲み込むのが難しくなってきてしまうことがあるからです。
そのために唾液が口の中にいっぱいになり口の外へ出てきてしまいます。
唾液が口から出てしまうと消化器官の働きにも影響が出てくると考えられています。
パーキンソン病の症状が重くなったり出てくるのが気になるのでしたら、薬でも改善することができます。
その場合は医師に相談すると注意深く見てもらいながら薬を処方してもらえます。
パーキンソン病は症状として痛みも出てくるので辛い闘病生活になります。
どうして痛みが出てくるのかというと、筋肉痛や筋肉の痙攣によってその痛みはひきおこされます。
そんな痛みに対して手術で治療をして痛みを軽減させるという珍しい方法も見つかって来ています。

スポンサーリンク