パーキンソン病 進行 寝たきり

パーキンソン病は進行度合いにより寝たきりになってしまう

スポンサーリンク

どうもこんにちは!
今回の記事では、「パーキンソン病は進行度合いにより寝たきりになってしまう」ということで、このタイトルの内容にそって進めていきたいと思います。
ここで記載した内容がみなさんのお役に立てることが何よりうれしいことですので一生懸命書きたいと思います。
それではまいります。
パーキンソン病は前回の記事でも多くお話しをしてきましたが、進行度合いにより寝たきりになってしまうことがあります。
これは、筋肉の動きがしにくくなったり、動かなくなったりするからです。
ひとりで日常生活を送ることすら困難になります。
なぜ寝たきりになるのかといいますと、筋肉の硬直などが起こることで、立ち上がる動作、さらには起き上がる動作すらも筋肉が正常に動作しないことで、できなくなるからです。
これができないと、いったんベッドに横になった場合、一人で起きることができず寝たきりになってしまうのです。

スポンサーリンク

この寝たきりの状態まで進行してしまうと、末期に近い状態となっております。
ここまでくるとさすがに一人で暮らしている場合は少ないかもしれませんが、進行度合いが速いため、一人暮らしの人がいきなり寝たきりになってしまった場合はかなり危険ですね。
そのままごはんも食べれず、排せつもその場でするしかなくなり、命の危険性が高まります。
寝たきりになることも想定して、家族などと一緒に過ごすようにしましょうね。
いかがでしたでしょうか?
参考になれば幸いです。

スポンサーリンク