パーキンソン病で末期の生活は寝たっきりや認知症などで大変です

パーキンソン病で末期の生活は寝たっきりや認知症などで大変です

スポンサーリンク

パーキンソン病の末期の生活は、言葉が小さくなりボソボソと会話をすることが多くなり時には早口になる場合もあります。
言語障害になるので生活をしていても何を言葉にしたいのかが分からない時があり、末期になると唾液が溜まりやすくなります。
パーキンソン病になると認知症になることもありますし、生活をしてもどこにいて何をしたいのかが分からない場合がありますが言葉の低下などが現れた時は注意が必要になっています。
末期になる生活が出来なくなり寝たっきりになることもありこれもパーキンソン病の一つになっていますし、移動する手段も車椅子を使用しないと何も出来なくなってしまいます。
一人で何も出来ないので介護サポ−トが必要になり障害者手帳が必要になるので注意が必要ですし、家族の方が面倒も見ないといけないので注意が必要になっています。

スポンサーリンク

パーキンソン病の一つでもあり末期になると食事を摂取することも出来ない状態になり点滴などで栄養補充をしてあげないといけないので大変になっています。
食事以外にも飲むことも出来ないので常に点滴が欠かせなくなり生活をするのも一苦労しますし、寝たっきりになっていなければ自分で確認をして指示をすることが出来ますが、それも出来なくなると大変になっています。
パーキンソン病になるとお風呂にも入ることが出来ない場合があり末期の場合は、濡れたタオルなどで拭いてあげたりシャンプ−なども手伝いが必要になり生活をするのに疲労が増えることもあります。
パーキンソン病でも歯を磨いたり顔を洗ったりすることも末期の症状なら一人で出来ない場合があり家族や介護の方の手を借りないと出来ないので注意が必要になっていますし、出来たとしても上手にするのが大変です。

スポンサーリンク