パーキンソン病の高齢者の入院についての情報です

パーキンソン病の高齢者の入院についての情報です

スポンサーリンク

パーキンソン病は高齢者に多く発症する神経変性疾患です。
初期段階では手の震えが起こります。
進行すると筋肉が硬くなり転倒しやすくなります。
また、睡眠障害や排尿障害も起こります。
原因ははっきりとわかっていません。
「ドーパミン」の分泌欠乏という説があります。
高齢者のみではなく、20代の発症もあます。
それは若年性パーキンソン病と呼ばれています。
パーキンソン病は日本で難病指定を受けています。
入院治療や内服治療を行っても完治することのない病気だからです。
症状に気がつかず重篤化すれば療養型の病院へ入院することになります。
また、高齢者の場合、アルツハイマー病もあわせて発症すると余命が短くなる傾向があります。
ステージは5まであり、ステージ3が介助不要で生活できるレベルです。
進行を食い止め、生活の質を維持することが治療の主な目的になります。

スポンサーリンク

パーキンソン病は一度進行すると回復の見込みが薄い病気です。
また、高齢者より、若年者の方が進行が早いといわれています。
その為、早期発見、早期治療が推奨されています。
パーキンソン病は初期段階であれば、入院治療の必要がありません。
ただ、服薬や経過観察など自己管理は必須になります。
もし、高齢者などで管理に自信がない場合は、入院して訓練するとよいでしょう。
自立のための手段になります。
また、薬が体に合わない時も入院して経過観察を行います。
検査はMRIやCTなどで脳の画像から医師が判断します。
しかし、初期段階では診断が難しく検査入院が必要になります。
詳しく他の疾病の可能性も探るためです。
例えば、手の震えがパーキンソン病ではなく脳梗塞からきている可能性もあります。
脳梗塞も高齢者に多い疾病の一つです。
健康な生活の維持には具体的な検証が必要なのです。

スポンサーリンク