パーキンソン病の年齢別の進行速度について等

パーキンソン病の年齢別の進行速度について等

スポンサーリンク

パーキンソン病とは難病指定がされている疾患の一つで、基本的に50歳以上の人が発症しやすいと言われています。
日本国内では10万人に対して100人程度の割合で発症するとされていて、一度発症すると少しずつ状態が進行していきます。
中には10年くらいで一気に進行するケースもあり、最終的には寝たきりになってしまう事も珍しくないです。
 パーキンソン病が発生する原因については明確になっていない部分も多く、現在も研究が続けられています。
ただパーキンソン病患者の脳神経細胞の一部に変性が見られる事から、発症に脳が深く関わっている事は確認されています。
 パーキンソン病を発症した場合に現れる症状としては、手足の震えや歩行障害等が挙げられます。
それ以外にも動作が緩慢になる、うつ症状等の精神症状等が現れる事も少なくないです。

スポンサーリンク

 パーキンソン病の治療方法としては薬物療法等があり、進行を遅らせる作用のある薬等が処方されます。
この薬物療法を行いつつそれと合わせてリハビリをしたり、住環境を整える等の対処がされる事が多いです。
 ちなみにパーキンソン病は年齢の違いによって、進行速度に差があるという特徴を持っている事で知られています。
前述したようにこの疾患を発症しやすい年齢は50歳以上となっていますが、中にはそれよりも若い年齢で発症してしまう人もいます。
特に40歳未満の年齢の患者を若年性パーキンソン病と言いますが、この若い年齢の患者の進行速度と50歳以上の患者の進行速度は明らかに違います。
 具体的には40歳未満の患者の速度は非常に遅く、50歳以上の患者の速度は逆に早いのです。
若い年齢で発症した場合には進行速度が遅いので早めに対処出来る事が多く、上手くコントロールする事で寿命を延ばす事が可能となっています。

スポンサーリンク