パーキンソン病の末期となった場合の過ごし方について等

パーキンソン病の末期となった場合の過ごし方について等

スポンサーリンク

パーキンソン病とは難病指定をされている疾患の一種で、50歳以上の人が発症しやすいと言われています。
日本国内では10万人に対して100人程度の割合で発症するとされていて、一度発症すると少しずつ状態が進行していきます。
中には10年くらいで一気に進行するケースもあり、末期になると寝たきりとなる事も珍しくないです。
 パーキンソン病が発生する原因については不明な点も多く、現在でも研究が続けられています。
ただパーキンソン病の患者の脳の神経細胞の一部に変性が見られる事から、発症原因に脳が深く関わっている事は間違いないです。
  パーキンソン病を発症した場合に現れる症状としては、手足の震えや歩行障害等がよく知られています。
この場合の手足の震えは左右どちらかに現れるのが基本ですが、状態が進行してくると左右両方に現れてくる事もあります。

スポンサーリンク

 パーキンソン病の治療方法に関しては薬物療法等があり、進行を遅らせる作用のある薬等の処方が行われます。
この薬物療法等を一定期間続けても効果が見られない場合には、手術等で状態の改善を試みる場合もあります。
 パーキンソン病は難病指定を受けている完治が難しい疾患なので、やがて患者は末期を迎える事になります。
末期になると全身の筋肉が自由に動かせなくなる事も多く、人によっては末期になると認知症を併発してしまう事も少なくないです。
 末期を迎えた場合の過ごし方としては、出来るだけ本人の意思を尊重する事も大切な事だと言えます。
例えば音楽鑑賞が趣味だったら好きな音楽を存分に聞かせてあげる等、本人が望む過ごし方をさせてあげる事も良いとされています。
また出かけるのが好きな人だったら車椅子等を使って、外出するといった過ごし方も有効だと言えます。
 ただ末期になると自力で食事を摂る事等も困難になるケースが多く、本人が希望する過ごし方を実践するのが難しくなる場合もあります。
家族にとっても出来るだけ希望する過ごし方をさせてあげたいと思っていても、負担が大きくて大変な場合も少なくないです。
こういった場合には専門家に力を借りる等して、無理のない過ごし方をするのが望ましいと言えます。

スポンサーリンク