パーキンソン病の痛みの緩和方法について等

パーキンソン病の痛みの緩和方法について等

スポンサーリンク

パーキンソン病とは難病指定をされている疾患の一種で、50歳以上の人が発症しやすいと言われています。
日本では10万人に対して100人程度の割合で発症するとされていて、一度発症すると少しずつ状態が進行していきます。
中には10年くらいで一気に進行する人もいて、最終的には寝たきりになってしまう事も少なくないです。
 パーキンソン病が発生する原因については不明な点も多く、現在でも研究が続けられています。
ただパーキンソン病の患者の脳の神経細胞の一部に変性が確認出来る事から、発症原因に脳が深く関わっている事は間違いないです。
 パーキンソン病を発症した場合に現れる症状としては、手足の震えや歩行障害等がよく知られています。
この場合の手足の震えは基本的には左右どちらかに現れるとされていますが、悪化してくると左右両方に現れる事もあります。

スポンサーリンク

 パーキンソン病の治療方法に関しては薬物療法を行う事が多く、進行を遅らせる作用のある薬等の処方が行われます。
この薬物療法を一定期間行っても効果がない場合等には、手術によって状態の改善を試みる事もあります。
 ちなみにパーキンソン病の患者の中には体の痛みを訴える人もいますが、この体の痛みもよく見られる症状の一つです。
手足の震えという症状が筋肉や関節に負担をかけたり、全身のホルモンバランスが崩れたりするのが原因だと言われています。
 この痛みという症状の緩和方法の一つ目としては、体の筋肉のこわばりを解すという緩和方法があります。
筋肉がこわばっていると感覚に変化が生じて痛みを強く感じてしまう事もあるので、こわばりを解すのは緩和方法として効果的です。
 痛みの緩和方法の二つ目としては体が緊張すると痛みを感じやすくなるので、あらゆる刺激を遠ざけるのが緩和方法として有効です。
具体的にはサングラスや耳栓を装着する等して、強い音や光といった刺激を遮断する等が挙げられます。
これらの緩和方法と薬の服用を合わせて行う事で、痛みの症状はある程度緩和出来る場合があります。

スポンサーリンク