パーキンソン病の入院期間について等

パーキンソン病の入院期間について等

スポンサーリンク

パーキンソン病とは難病指定をされている疾患の一つで、50歳以上の人が発症する事が多いとされています。
日本では10万人に100人程度の割合で発症すると言われていて、一度発症すると少しずつ進行する事が多いです。
中には10年くらいで一気に進行する人もいて、最終的には寝たきりになってしまう事もあります。
 パーキンソン病が発生する原因については不明な点も多く、現在でも研究が続けられています。
ただパーキンソン病患者の脳の神経細胞の一部に変性が見られる事から、脳が発症原因に深く関わっている事は分かっています。
原因不明である事からも分かるように完治させる事が難しく、薬等で進行を遅らせる事が治療目的となります。
 パーキンソン病を発症した場合に現れる症状としては、手足の震えや歩行障害等がよく知られています。
手足の震えは左右どちらかだけに現れるのが一般的ですが、悪化してくると左右両方に現れる事もあります。

スポンサーリンク

 パーキンソン病の治療方法に関しては薬物療法が基本で、進行を遅らせる作用のある薬等が処方されます。
この薬物療法を一定期間続けても期待する効果が出ない場合等は、手術によって状態の改善を目指す事もあります。
パーキンソン病は治療開始が早いほど進行を遅らせる効果が期待出来るので、早めの病院受診が望ましいです。
 パーキンソン病は発症しても薬の服用等で症状をコントロール出来るので、必ずしも入院する必要があるわけではないです。
しかし状態がある程度進行していて筋肉が上手く動かせなくなってきた場合等には、一定期間入院して治療を受ける場合もあります。
 この場合の入院期間については症状の重さ等によって異なるため、一概に入院期間がどの程度だと言いきる事は難しいです。
ただ入院期間の一般的な平均としては100日以上の入院期間が必要な場合が多いとされていて、ある程度長くなると考えておく必要があります。

スポンサーリンク