パーキンソン病 看護 観察

パーキンソン病の看護と観察について

スポンサーリンク

どうもこんにちは!
今回の記事では、「パーキンソン病の看護と観察について」ということで、このタイトルの内容にそって進めていきたいと思います。
ここで記載した内容がみなさんのお役に立てることが何よりうれしいことですので一生懸命書きたいと思います。
それではまいります。
パーキンソン病についての症状などは前回の記事でお話しをしたかと思います。
この内容をご理解いただけていればこのタイトルの内容についてある程度察しがついているのではないでしょうか?
パーキンソン病は、どんどんと体の自由が利かなくなってきますので、当たり前のように看護が必要になってきます。

スポンサーリンク

一人では日常生活を送ることが困難だからです。
薬剤投与している方で症状が落ち着いている場合でも、いつ悪化するかわからないため、このような場合は観察が必要になってきます。
症状が悪化している場合でも、そうでない場合でも、日常生活に支障をきたす恐れがあるため、単独で生活させてしまうと何かあった時に死亡するリスクが飛躍的に高まります。
このような理由から、看護や観察が必須となっています。
この看護や観察も簡単なことではなく、大人を介護するのとまったく同じなので非常に労力がかかります。
看護されている側も申し訳ない気持ちになり、ストレスを感じてしまうことがあるので注意が必要です。
これはお互いにコミュニケーションをとっていくことがかなり重要となっております。
以上ですが、看護と観察の必要性についてご理解いただけましたでしょうか?
少しでもお役に立てたらうれしく思います。

スポンサーリンク