パーキンソン病の進行が早い理由について等

パーキンソン病の進行が早い理由について等

スポンサーリンク

パーキンソン病とは難病指定をされている疾患の一種で、50歳以上の人が発症する事が多いとされています。
日本では10万人に対して100人程度の割合で発症すると言われていて、一度発症すると少しずつ状態が進行していきます。
中には10年程度で一気に進行してしまう人もいて、最終的には寝たきりになってしまう事も珍しくないです。
 パーキンソン病が発生する原因については不明な点も多く、現在でも研究が続けられています。
ただパーキンソン病患者の脳の神経細胞の一部に変性が確認出来る事から、発症原因に脳が深く関わっている事は間違いないです。
 パーキンソン病を発症した場合に現れる症状としては、手足の震えや歩行障害等が挙げられます。
この手足の震えは基本的に左右どちらかだけに現れるとされていますが、悪化してくると左右両方に現れてくる事もあります。

スポンサーリンク

 パーキンソン病の治療方法については薬物療法が一般的となっていて、進行を遅らせる作用のある薬等が処方されます。
この薬物療法を一定期間続けても期待する効果が見られない場合等は、手術によって状態の改善を試みる事もあります。
 ちなみにパーキンソン病というと一度発症すると、その進行が早いと認識している人も少なくないです。
この疾患の進行が早いと感じる理由としては、画期的な治療方法が見付かっていない事が理由として挙げられます。
 前述したようにパーキンソン病は難病指定をされている疾患のため、完治させる治療方法がないのが現状です。
そのため発症しても効果的な手を打つ事が出来ないために、それが理由となって早いように感じてしまう事があります。
 この疾患は他の疾患と比べて何等かの理由があって進行が早いわけではなく、手の施しようがない事が理由となって早いと感じてしまうのです。
ただ治療開始が早いとある程度進行を遅らせる事が出来ますが、薬の服用等を怠るとそれが理由で進行が加速する事はあります。

スポンサーリンク