パーキンソン病の種類と症状・進行を遅らせる方法と予防

パーキンソン病の種類と症状・進行を遅らせる方法と予防

スポンサーリンク

「パーキンソン病」と聞くと、「認知症の一種」だと思われがちです。
でも、実は、「認知症」では済まされない恐ろしい病気なのです。
パーキンソン病は、自律神経の麻痺によって引き起こされると言われます。
ですが、その原因ははっきりしません。
また、進行性が高いことから、治療法も確立されていないのです。
症状としては、手足が動きがわるくなり、自由が利かなくなって最悪なら進行して寝たきりになるだけではなく、認知障害や幻覚などが現れます。
つまりは、身体の全ての機能がやられる危険もあるのです。
でも、症状や種類によっては改善できる可能性もあります。
ですがそうなる前にわたしたちは、パーキンソン病についてきちんと知っておく必要があります。
どのような種類があり、どのような人がかかりやすいのか、症状の進行を遅らせる方法や予防法はあるのかなど。
まずは、パーキンソン病の種類を知っておきましょう。
大まかに分けて、3種類に分類されます。
(1)孤発性パーキンソン病(2)若年性パーキンソン病(3)家族性パーキンソン病

スポンサーリンク

(1)は、40〜50代に発症することが多く、急速に進行します。
(2)は患者全体の1割くらいですが、10代でも発症することがあります。
進行は遅く、薬の効果も長続きするほうです。
(3)は遺伝子異常によるもの。
発症しやすい場合としにくい場合があります。
パーキンソン病には、治療薬がありません。
種類によっては生活習慣の改善などで症状の進行を遅らせることができます。
ですが多くはリハビリによって症状を改善できます。
でも、まずは予防が大事です。
まずはストレスの緩和です。
脳内物質のドーパミンの減少に寄って症状が現れ、進行するものですから、ドーパミンを増やすことが鍵になります。
ストレスを抱えず、常日頃楽しいことを考えましょう。
そして、運動です。
きちんと身体を動かすことが重要です。
さらに、いろんな種類の食べ物をまんべんなく摂りバランスの良い食生活を心がけることです。

スポンサーリンク