パーキンソン病治療のためのリハビリや作業療法の種類

パーキンソン病治療のためのリハビリや作業療法の種類

スポンサーリンク

パーキンソン病は神経変性疾患です。
脳内の黒質というところに問題が生じることが原因で起こります。
神経同士の連絡をとるドーパミンという物質の分泌量が減少し、うまく連絡が取れなくなることでパーキンソン病が発症すると言われています。
ドーパミンの分泌量がどのような原因で減少するか明確なことは分かっていません。
パーキンソン病の症状としては片方の手や足が震える、表情が乏しくなる、前かがみの姿勢になる、歩幅が狭くなることなどが挙げられます。
また、便秘になる人が多く、睡眠障害やうつ症状を訴える人も多くいます。
パーキンソン病はゆっくりと進行するため、発症に気がつかない人も多くいます。
また、似たような症状でも違う病気の可能性もあるため、このような症状に気がついたら病院に行きしっかり診断してもらうことがとても重要です。
パーキンソン病によって寿命が縮むということはありません。
適切な治療法をとることで、症状を改善することができます。

スポンサーリンク

現在治療法としてはどのような種類があるのでしょうか。
薬物治療、リハビリなどの作業療法、手術などの種類があります。
薬物療法では不足しているドーパミンの分泌を薬によって補います。
患者さんによってさまざまな種類の薬を組み合わせます。
副作用の問題もあるため、慎重に判断することが大切です。
最終的には手術という手段も出てきます。
しかし薬による治療とリハビリなどの作業療法を組み合わせて行うことが一般的です。
パーキンソン病の人は体を動かすことが難しく、筋肉のこわばりなどがよく見られます。
そのため、筋肉のこわばりを改善するためのリハビリ、作業療法がとても効果的です。
顔や体の体操を日々行うことで、よりスムーズに体を動かすことができるようになります。
リハビリ、作業療法にはたくさん種類があります。
立って行うもの、座って行うもの、寝て行うものなどもあります。
自分にあったリハビリや作業療法を取り入れましょう。
複数の種類を組み合わせて行うと効果的です。
パーキンソン病になると、自分でできることが限られてきてストレスになります。
ぜひリハビリや複数の種類の作業療法を行うことで、自分でできることを増やしていきましょう。

スポンサーリンク