パーキンソン病の難病指定に対する補助金

パーキンソン病の難病指定に対する補助金

スポンサーリンク

パーキンソン病とは、40〜50代で発病することの多い神経難病です。
明確な原因が分かっていませんが、ドーパミンの減少によって発症すると考えられており、徐々に症状が進行します。
パーキンソン病の症状は、仮面様顔貌や震戦、小刻み歩行など多岐に渡り、患者のADLやQOLを徐々に低下させます。
治療は、神経内科が専門となります。
その治療薬はとても薬価が高く、外来でも医療費が高価になります。
パーキンソン病を回復する手立ては、今のところ見いだせていないため、国に難病指定に登録されています。
難病指定とは、病気の研究のために医療費などの補助金が出るものです。
パーキンソン病に関して、都道府県知事が認めた指定医療機関に受診した際、患者の医療費に対して所得に応じた補助金が下ります。
パーキンソン病の難病指定の、補助金が下りるのは、ヤールの重症分類で3度以上の患者が対象となります。
それ以上の患者であれば、保健所に届け出を出すことで、難病指定ができます。

スポンサーリンク

パーキンソン病の指定難病を受ける手続きとして、医師から臨床調査個人票を受け取ります。
それと共に、印鑑や住民票、所得証明、保険証などとともに、保健所に届け出を出します。
ここでの注意事項は、申請日から補助金が有効となりますので、1日も早い難病指定の届け出をすることが重要です。
手続き後に、特定医療費受給者証を受け取り、医療機関に提出する必要があります。
難病指定の補助金を受けるポイントとしては、パーキンソン病による受診や入院だけでなく、それに関連する受診も補助金の対象となることです。
例えば、パーキンソン病に伴う誤嚥性肺炎なども、補助金の対象となり得ることがあります。
その可否は、医師の判断によるものですので、自身の受診や入院が補助金の対象となるか、その都度医師に確認することが必要です。
この病気は特に医療費がかかる疾患ですので、難病指定の制度を十分に理解する必要があります。

スポンサーリンク