パーキンソン病の進行の速さと対処にあたって

パーキンソン病の進行の速さと対処にあたって

スポンサーリンク

パーキンソン病とは、神経伝達物質であるドーパミンが減少することで起こるとされている病気です。
40歳から50歳くらいで発症し、日本国内でも10万人以上の患者がおり、珍しい病気ではなくなっています。
パーキンソン病の進行の速さは非常にゆっくりと言われています。
その進行の速さは数年単位でと言われていますが、パーキンソン病の進行の速さは個人差があるとも言われています。
しかし、パーキンソン病と診断され4年から5年で車椅子生活になるようなことはないとされているため、進行の速さについてはあまり気にしなくても良いといわれています。
パーキンソン病はまだ、病気自体の進行を抑制したり速さを遅くしたりという効果があるとされる薬剤は見つかっていません。
しかしパーキンソン病に効果がある治療はいくつかあり、自分にあった治療を選択できます。

スポンサーリンク

一番の治療としては、薬で不足しているドーパミンを補うことで症状を緩和さえるといったことがあります。
現在では飲み薬として直接ドーパミンを補充することが可能となっています。
また、この働きを補助する複数の薬をあわせて服用するといったことも行われています。
この治療については、どの薬を服用するのかや量について、患者さんの進行の速さや症状にあわせて選択する必要があります。
そのため、症状にあわせた薬を選択するためにも定期的な検診を受けることが大事となります。
それ以外の治療としては、リハビリや手術といったものがあります。
パーキンソン病は運動症状が主となってくるため、様々な運動療法により病状を安定させたり緩和することができるとされています。
しっかりと診察してもらい、自分にあった薬とリハビリで症状を緩和させたり安定させることが大事となります。

スポンサーリンク