パーキンソン病の症状と余命は何年なのかについて

パーキンソン病の症状と余命は何年なのかについて

スポンサーリンク

パーキンソン病は、完治することができない難病であり、高齢者に発症率が多いという特徴がある脳の病気です。
脳の病気となりますので、身体のさまざまな部位に症状が現われます。
パーキンソン病は不治の病となりますので、効果的な治療法は現在のところありません。
ゆえに、発症した場合には、症状は徐々に悪化していきます。
 パーキンソン病の患者さんの余命が何年なのかについては、発症から15年程度といわれています。
しかし、認知症を合併症で発症した場合の余命が何年かについては、余命は3年程度となりかなり短くなります。
認知症を合併した場合には、10年以上も余命が短くなるということです。
前述しました発症からの一般的な15年という余命については、治療を施した場合の余命となります。
症状を抑える治療を何ら施さない場合には、余命は確実に短くなります。

スポンサーリンク

 パーキンソン病は完治することのない難病なのですが、治療をしっかりと受けて症状を抑えることができれば、何年も普通の元気な人と同様の日常生活を送ることも可能です。
パーキンソン病の代表的な症状については、身体のいろいろな部位が痛む、よだれが常時垂れるなどの症状が挙げられます。
 パーキンソン病と診断が下された場合には、それから何年も命が尽きるまで治療を続けて行かなければいけません。
治療を止めてしまうと、症状は悪化してしまい、日常生活に大きな支障をきたすようになります。
つまり、何年にもわたって治療が必要であり、治療ができなければ確実に余命が短くなる病気となります。
 パーキンソン病を根治させる治療法はなく、個々の患者さんの症状に合わせて対症療法が施されるようになります。
しかし、医学も日々進歩しており、何年生きられるかという命に関する予後も向上してきています。

スポンサーリンク