パーキンソン病 末期 手足

パーキンソン病の末期、手足などはどうなるか

スポンサーリンク

パーキンソン病の末期は手足などが震えてきて思うように身体が動かなくてなってしまいます。
パーキンソン病には段階があり、初期、中期、末期とに別れますが末期になると言語障害になったり身体が自由に動かなくなるので移動は車いすになり入院なども考えなければいけなくなります。
そうなる前に色々と残りの人生をどのように生きるか考えておかなければいけないと思います。
パーキンソン病は治すことは難しい病で完全完治は難しいですがリハビリ次第で進行を遅らすことはできます。
リハビリ次第ではある一定の期間までは健常者の方と何らかわらない生活ができる場合もあります。
ですので最後まで諦めずにこの病気と向き合っていくことが大事になってくると思います。
毎日のリハビリはとても大事なことなので毎日していて健康的な体を作っていくと良いと思います。

スポンサーリンク

手足などしびれてきてしまいパーキンソン病は動けなくなってしまいます。
毎日リハビリをすると言う事は大変かもしれませんが進行を遅らすためには仕方のないことです。
手足などしびれてきてからでもまだ間に合うのでリハビリを頑張ってみるといいでしょう。
末期になってしまうと車いすになり移動するのにも人の助けが必要ということになってしまいます。
しかしそれは仕方のないこととも言えます。
例えば親の場合は介護をすることは当然のことですし家族の場合でも家族がこのような病気になってしまったら介護をするのは当然のことです。
この病気は頑張れば進行暮らすことができるので毎日のリハビリが大事になってきます。
毎日手を抜かずにしっかりとリハビリの運動などをがんばってやっていくべきです。
また認知症との合併症を大変引き起こしやすい病でもあるので脳がボケないように脳のトレーニングをすることも大事になってきます。

スポンサーリンク