パーキンソン 15年

パーキンソン病の余命はおよそ15年

スポンサーリンク

パーキンソン病は、高齢者に多く発症する病気として知られていますが、「パーキンソン病が発症した」ということに気付くことは難しいとされています。
なぜなら、この病気は体全体を司る脳の病気だからです。
脳が侵されると何が正しいのか分からなくなり、正常な判断を下せなくなってしまうため、発症を自覚することはあまりないのです。
発症の主な原因としては、日常生活の中でのストレスが関係しているのではないか、と考えられています。
パーキンソン病は自律神経障害なので、ストレスには敏感に反応します。
生活の中でのストレスの発生源として、食事があります。
野菜や肉や魚など、偏ったバランスの食事をしていると、ストレスが生まれてきてしまいます。
また、遺伝も原因として関係しているのではないか、と考えられています。
あくまで確率ですが、両親が発症したら50%、片方だけなら25%の確率で発症すると考えられています。
パーキンソン病の余命は、およそ15年とされています。
しかし、認知症と合併すると、15年ではなく、3年となる場合があります。
このように、パーキンソン病は恐ろしい病気です。
そのため、発症防止や早期の発見が重要となります。

スポンサーリンク

 前述の通り、この病気の原因として、ストレスや遺伝が関係していると考えられています。
治療するには、どうすればよいのでしょうか。
残念ながら、現代の医療技術では、完治することはできません。
症状を抑えることが限界です。
症状を抑え続ければなんとか日常生活を過ごすことは可能ですが、治療自体とても大変なので、生活を普通に過ごすことは難しいでしょう。
しかし、原因の一つと考えられている遺伝については、検査によって対策を講じることができます。
検査では「家族性パーキンソン病」の可能性を調べることができます。
もし検査で発症の可能性が高いと診断されれば、バランスのとれた食事を摂るなど、対策を行って可能性を下げることができます。
このように、恐ろしい病気ですが、病気の進行を遅らせたり、検査などで対策を行ったりすることはできます。
ただ放っておくと、たった15年で大切な人を失ってしまったり、自分が発症して周りの人を悲しませてしまったりしてしまいます。
そうならないためにも、検査を行い、発症の防止を行いましょう。

スポンサーリンク