薬剤性パーキンソン病とは

薬剤性パーキンソン病とはなんなのか?

スポンサーリンク

どうもこんにちは!
今回の記事では、「薬剤性パーキンソン病とはなんなのか?」ということで、このタイトルの内容にそって進めていきたいと思います。
ここで記載した内容がみなさんのお役に立てることが何よりうれしいことですので一生懸命書きたいと思います。
それではまいります。
パーキンソン病の一口にいってもほかに種類があります。
それが「薬剤性パーキンソン病」です。
これは「薬剤性パーキンソン症候群」とも言われています。
どのようなものなのかといいますと、ドーパミンを抑える薬(抗うつ剤など)を投与した際に、その効能が80%以上ブロックされた場合に発症する病気です。
症状はほとんどパーキンソン病と同一です。
しかし、違いがあります。

スポンサーリンク

この違いがかなり恐ろしいのです。
それはなんなのかといいますと、「症状が進行するスピードがめちゃくちゃ速い」という点です。
通常のパーキンソン病より症状の進行が速いということは、体の自由を奪われるまでの時間が発症からそれほどかからないということになりますので、死亡する確率も高くなり、余命も短くなってしまいます。
この薬剤性パーキンソン病を防ぐ手立てはいまのところありません。
薬剤投与をひつようとしている人に投与しないという選択肢はないからです。
これはかなり深刻な病気だということが言えます。
みなさんはこの病状についてどのように感じましたでしょうか?
もしあなたがパーキンソン病だとしたら十分にご理解の上注意してくださいね。
少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク