パーキンソン 病薬代

パーキンソン病薬代等について

スポンサーリンク

パーキンソン病とは50歳以降の人が発症する事が多い疾患で、発症すると症状が全身に現われます。
具体的な症状としては手や脚が小刻みに震える、筋肉がこわばり歩行が困難になったりする等が挙げられます。
一度発症すると少しずつ症状が進行していき、やがてはあらゆる動作がしにくくなり寝たきりになる場合もあります。
 パーキンソン病が発生する原因については、現在のところ明確になっていない部分が多いです。
患者のほとんどに脳のドーパミン性神経細胞の異常が見られる事から、この細胞が深く関わっているとされています。
ドーパミン性神経細胞の役割の一つに、神経細胞物質であるドーパミンを産出する役割があります。
しかしドーパミン性神経細胞に異常が発生すると、このドーパミンの産出が滞ってしまいます。
その結果として神経伝達が正常に行われなくなり、手や脚の震え等といった症状が現われると考えられています。

スポンサーリンク

 この疾患の治療方法としては薬物療法を行なうのが一般的で、抗パーキンソン病薬を服用する事になります。
この薬にはドーパミンを補充する役割や、ドーパミンを受容体が受け取りやすくする役割等があります。
 ただ、こうした薬物療法では期待する効果が出ない場合には、脳に刺激を与えるための手術を行なったりもします。
 ちなみに薬の服用は常に続けなければいけないので、パーキンソン病薬代は高額になってしまう場合もあります。
パーキンソン病薬代が高額になるという事は、患者にとっては大きな経済的負担となってしまいます。
 しかし、この疾患は難病指定を受けている疾患で、尚且つ治療費の助成を受ける事が出来る疾患に該当します。
もちろんパーキンソン病薬代も助成の対象となるので、患者は毎月一定の限度額以上の費用に関しては免除されます。
この助成を受けるためには申請をする必要があるので、かかりつけの病院で相談してみるのが良いです。

スポンサーリンク