若年性パーキンソン病 経過

若年性パーキンソン病の病経過

スポンサーリンク

若年性パーキンソン病は、普通のパーキンソン病とは原因が異なります。
パーキンソン病は脳の病気であり、黒質細胞の変質によるドーパミンの減少が原因となるのですが、若年性パーキンソン病の原因は、おもに遺伝となります。
ゆえに、血縁者の中にパーキンソン病の患者がいる場合には、若年性パーキンソン病になりやすく、別名で家族性パーキンソン病と呼ばれるのはそのためです。
 若年性パーキンソン病を発症した場合のおもな症状は、「寡動」となります。
症状が乏しかったり、動作がゆっくりになるというものなのですが、もともとそういう表情や動作の人もいますので、なかなか発症に気がつきにくいという特徴があります。
また、遺伝子が原因していることは解明されているのですが、現在のところ根本的な治療法は見つかっていません。
ゆえに、病経過を見ながら適切な投薬を行う、対症療法となります。

スポンサーリンク

 若年性パーキンソン病経過は、普通のパーキンソン病とは異なり、進行が非常にゆるやかであり、薬の効果が長く持続するという特徴があります。
ゆえに、病経過を観察しながら適切な薬を服用し、尚且つリハビリを行うことによって、症状の進行をさらに遅らせることが可能となります。
 何も治療を施さなければ、余命は15年といわれる恐ろしい病気ではあるのですが、正しい診断のもとで適切な治療をし続ければ、薬も進歩してきており、寿命も健常者と変わらなくなっています。
発症した場合には、うまくこの病気と付き合っていくということが重要となります。
 パーキンソン病は進行が速いので、早期に見つけることが非常に重要となります。
積極的に健康診断を受けるようにし、血液検査やCT、MRIといった脳の画像検査を受けるようにしましょう。
脳の画像検査、特にMRIでは、ほかの脳の病気である脳腫瘍などの症状ではないかどうかを、判断することができます。

スポンサーリンク