パーキンソン病 リハビリ入院

パーキンソン病のリハビリ入院について等

スポンサーリンク

パーキンソン病とは50代以降の人が発症する事の多い疾患で、全身に様々な症状が現われるのが特徴です。
具体的にどのような症状が現われるのかというと、手や脚の小刻みな震え、筋肉のこわばりや歩行困難等が挙げられます。
中でも手や脚の震えは代表的な症状となっていて、初期では片側にだけ症状が現われるのが特徴です。
ただ病状が進行していくに従って、震えていなかった方にも症状が現われてくる事が多いと言われています。
 パーキンソン病が発生する原因については明確になっていない部分が多く、今だに研究が続けられています。
ただ現在までの研究の結果として、ドーパミン性神経細胞の変性が大きく関わっていると考えられています。
ドーパミン性神経細胞とは脳の中にある細胞の一つで、神経伝達等に関わる役割を担っています。
この細胞に変性が起きる事によって神経伝達が正常に行われなくなり、手や脚の震え等の症状が現われるとされています。

スポンサーリンク

 パーキンソン病を発症した場合の治療方法としては、薬物療法を行なうのが一般的となっています。
専用の薬を服用する事によって不足しているドーパミンを補充したり、受容体が受け取りやすくなるように促したりします。
他にも薬物療法で期待する効果が出なかった場合等は、脳に刺激を与える手術等が行なわれる事もあります。
 また薬物療法と合わせて行なわれる治療の一つとして、リハビリを行なうというケースも多いです。
この疾患の患者は体が思うように動かなくなる事も多く、自然と運動をする事を避けるようになります。
運動不足が続くようになると全身の身体機能の低下に繋がるので、これを防ぐのがリハビリの一番の目的です。
一般的にはリハビリ入院をして専門家の指導の下で、適切なリハビリを行なう事になります。
リハビリ入院以外にも定期的に通院をして、自宅と病院でリハビリを行なうという方法もあります。
現在はパーキンソン病患者専用のリハビリ入院設備が整っている病院も、少しずつではありますが増えてきています。

スポンサーリンク