パーキンソン 寝たきり

パーキンソンの寝たきりから起きる体の異常

スポンサーリンク

パーキンソンでは低血圧になりやすい体質になる事で寝たきりのままの期間が長くなると心肺の機能が弱くなるのです。
すると衰弱が進んでしまうのです。
パーキンソンでは手足の皮膚が硬く固まる事もあるのです。
寝たきりの状態が続くと手足の筋肉が落ちてしまいます。
すると動かすときの痛みが生じて動かす事をしなくなる傾向になるのです。
痛みがあるときはリハビリに対して意欲が落ちやすいのです。
患者の心理状態を把握して周りが接する事で本人の力を引き出す事が出来るのです。
寝たきりから離床して車椅子での生活をする時間が増えるなど良い結果を出す方向に向かっていく事ができるのです。
この様な事から薬の効果を最大限に引き出しパーキンソンを回復させる事に繋がるのです。
寝たきりの環境から患者は一変した車椅子の生活で健康な頃と同じような気持ちになる機会も増えていくのです。
リハビリに対してもこの時期はやる気が起きやすくなるのです。

スポンサーリンク

パーキンソンでは不随運動を起こします。
この不随運動を周りの人が理解して接する事で寝たきりになることを避ける事が出来るのです。
一時的に寝たきりになるとあらゆる体の機能が弱くなるのです。
特にパーキンソンの場合は体が弱る事で感染症などになりやすいのです。
周りの支えを必要としながら回復していくのです。
体を起こす事で血液の循環が良くなり血圧が正常に戻ります。
めまいから倒れてしまう事が症状の一つでもあるパーキンソンですが徐々に回復していく事が出来るのです。
体の中では心肺機能を元の状態に戻すように働きかけています。
この時に薬が最大の効果を出すと神経の働きが良くなっていくのです。
同時に失われていた機能が回復していく結果になるのです。
体の機能を維持して回復していく時に必要になるのが薬の役割になるのです。
現在では薬の開発により回復していく事が増えているのです。

スポンサーリンク