パーキンソン病 症状 痛み

パーキンソン病の症状と痛みについて

スポンサーリンク

どうもこんにちは!
今回の記事では、「パーキンソン病の症状と痛みについて」ということで、このタイトルの内容にそって進めていきたいと思います。
ここで記載した内容がみなさんのお役に立てることが何よりうれしいことですので一生懸命書きたいと思います。
それではまいります。
パーキンソン病の患者さんが症状訴える内容に、痛みがあります。
この痛みについてお話をします。
痛みは大きく4つの部位に分けられております。

スポンサーリンク

1)筋肉、骨からの痛み
2)脊髄や末梢神経の圧迫
3)関節を動かす筋肉が異常収縮する
4)中枢神経の異常
このように4つあるのですが、ほとんどの痛みの原因としては、筋肉や骨からくる痛みです。
これはなぜかといいますと、パーキンソン病は、筋肉が動きにくくなったり、震えが止まらなくなったりと動作に影響する部分に症状がでてきます。
筋肉に異常が発生するだけでも体は痛みだしますので、これが原因で痛みがあるという症状の申告があるのだと考えます。
痛みの種類について、その患者さんがどのような痛みで苦しんでいるのかは、その患者さんにしかわかりませんので、正確な判断は非常に難しいといえますが、そうだとしても大きく4つの原因のいづれかに該当することは間違いありませんので、それについて追及することで症状を抑える方法はみちびき出せるのです。
パーキンソン病の症状で痛みがある場合についていかがでしたでしょうか?
ご理解いただけましたか?
少しでも参考になればうれしいです。

スポンサーリンク