パーキンソン病 完治

パーキンソン病が完治するか否か等について

スポンサーリンク

パーキンソン病とは年配者の患者が多い疾患の一つで、脳の神経伝達と関わりのある疾患だと言われています。
主な患者層は40代以降なのですが、中には10〜30代くらいで発症してしまうケースもあります。
 発症の原因については現段階では完全に明確になっているわけではなく、今も研究が続けられています。
ただ、この疾患の患者の脳内を調べるとドーパミン神経細胞に変性が見られる事が分かっています。
ドーパミン神経細胞は神経伝達に深く関わる細胞なので、この部分に異常が発生すると神経伝達に影響が出てしまいます。
その結果として体に何等かの症状が現われてしまうのが、パーキンソン病発症のメカニズムだと言われています。
 ちなみにドーパミンと張り合う作用を持つ薬を服用していると症状が現われる事があり、これを薬剤性パーキンソンと呼びます。
この場合は原因となっている薬の服用を中止する事で、簡単に完治させる事が出来ます。

スポンサーリンク

 パーキンソン病を発症した場合に現われる症状としては、片側の手や脚の震え、歩行困難等が挙げられます。
年配者が発症すると進行が早く、若い人が発症すると進行が緩やかという特徴があります。
症状が進行してくると自分の力だけで動くのが困難になり、最終的には寝たきりになってしまう事も少なくないです。
 パーキンソン病の治療方法については薬物療法やリハビリ等が一般的で、状態等に合わせて選択されます。
 ちなみにパーキンソン病は完治するか否かについてですが、現段階では難しいというのが一般的です。
ただ医療技術は少しずつ進歩しているので、原因が明確になれば将来的に完治も夢ではないと言われています。
また現在でも薬の効果は高くなっているので、例え発症したとしても平均寿命近くまで生きられる場合も増えています。
ただ寿命が延びるという事は治療期間も長くなるという事なので、その点での対処も必要になります。

スポンサーリンク