パーキンソン病 遺伝の確率

パーキンソン病遺伝の確率は高いのか

スポンサーリンク

パーキンソン病といえば一度は耳にした事があるのではないでしょうか。
しかし一体どんな病気でどんな症状があるのかと聞かれれば答えられる人は多くはないはずです。
パーキンソン病の症状は大きく分ければ手足の震えと歩行障害です。
その中でも特徴的なのは歩行時の症状です。
種類としては一歩目が出にくくなるすくみ足、歩幅が小さくなる小刻み歩行、歩いている内に足が身体に追いつかなくなり止まれなくなる突進歩行等が主な症状です。
その他にも全体的に動作が遅くなったり姿勢の反射が障害されて前のめりの姿勢を立て直せずにそのまま転倒してしまうこともあります。
他にも表情が乏しくなったりうつ状態のようになることもあります。
ここまで様々な症状があるのですが肝心の発症原因は未だに詳しく判明していないのが現状です。
そのため他疾患との鑑別が困難な場合も多々あります。

スポンサーリンク

ではパーキンソン病遺伝の確率は一体どの程度なのか。
結果から言いますと5〜10パーセント程度といわれています。
パーキンソン病は40歳以前に発症する若年発症と40歳以後に発症する高齢発症に分けられていますが若年発症の方がパーキンソン病遺伝の確率が高いといわれています。
しかしパーキンソン病の発症原因は現在も不明ですが多くの遺伝子が関与していることは明らかにされています。
パーキンソン病遺伝の確率は0パーセントではないですが両親からの遺伝のみで発症する可能性は限りなく低いと考えておいていいのです。
なのでパーキンソン病を発症したとしても両親の遺伝以外で発症する確率の方が圧倒的に高いのです。
パーキンソン病の研究は現在も進められており着実に進歩しています。
治療法も様々な手段があり生命予後も決して悪くないのです。
なのでもしパーキンソン病を発症したとしても悲観的にならず適切な治療を受ける事が重要になります。

スポンサーリンク