パーキンソン病 難病指定

難病指定がされているパーキンソン病について

スポンサーリンク

パーキンソン病とは脳の神経伝達と関わりがあるとされている疾患で、年代や性別を問わずに誰でも発症する可能性があります。
ただ比較的年配者に患者が多く、若い世代で発症するケースは少数となっています。
ちなみに若い世代が発症した場合は年配者に比べて、症状の進行が少しずつであるというのが特徴の一つです。
 発生する原因については明確になっていない部分もあるものの、脳内の神経細胞に異常が発生している事は分かっています。
脳内にあるドーパミン神経細胞が、パーキンソン病患者の場合には変性している事が確認されているのです。
ドーパミン神経細胞は神経伝達を役目としているので、ここに異常が発生する事で体に症状が現われます。
具体的な症状としては片側の手や脚の震えや歩行困難等があり、最終的には寝たきりになる事も少なくないです。

スポンサーリンク

 パーキンソン病の治療方法としては、薬物療法やリハビリ、生活習慣の見直し等が行なわれるのが一般的となっています。
患者の状態に合わせて複数の治療方法を組み合わせる等、それぞれに適した治療が施されます。
 ちなみにパーキンソン病は難病指定をされている疾患としても有名で、国の助成を受ける事が出来ます。
ただ難病指定をされている疾患が全て助成を受けられるわけではなく、経済的負担が大きい疾患等の場合に助成が受けられる事になっています。
 難病指定による国の助成を受けるためには、患者側から国に対して申請を行なう必要があります。
申請に関してはかかりつけの医師の診断書等を添付する事になるので、まずは病院で相談するようにします。
申請から結果が出るまでには数ヶ月を要する事も少なくないため、申請要件を満たしている可能性がある場合には早めに申請手続きをする事が大切です。

スポンサーリンク