パーキンソン 末期

パーキンソンは末期になると

スポンサーリンク

パーキンソンは末期になると言語障害などが出てきてしまい低く小さな声でぼそぼそと話したりちゃんとしゃべれなくなってしまう場合が多いです。
他人から聞いたとき何を言っているかわからないなどそのような言語障害を引き起こしてしまう場合があります。
まだ認知症などにもなってしまう場合がありパーキンソンの認知症発症率はとても高く一般人の5倍位の割合で発症してしまいます。
まだ寝たきりになってしまうと言う場合もありつまり日常生活が全面的に困難となり寝たきりになってしまい介護が必要になってしまうと言う場合も考えられます。
その場合ヘルパーを呼ぶなり入院をするなりということを考えなければいけなくなってしまいます。
自力で歩く事はほぼ不可能になってしまいますので移動には車いすが必要になってきます。
このように末期症状をよく理解した上で病気と向き合っていくことが大事です。

スポンサーリンク

しっかりとリハビリなどをすれば末期症状が出てくるまでの時間を遅らすことができますので諦めずにしっかりとリハビリをしておくことが大事です。
そして残りの人生をより良いものにするように色々と考えておくなりどうにかしておく必要があると思います。
別にパーキンソンだからといって誰の役にも立てないと言うわけではありませんし世の中の役に立てないと言うわけでもありません。
体が不自由でも人の役にたつことができるわけですから色々と考えるなりそして何より自分自身が楽しく最後をおえられるように考えておく必要があると思います。
パーキンソンは甘くみてはいけない病気です。
なってしまったらリハビリなどして少しでも症状を遅らして自由な生活ができる日々を長くして行ったほうがいいと思います。
そして末期症状が出てきてしまってからでも色々と残りの人生のことをより良いものにしていくために考えておくべきです。

スポンサーリンク