パーキンソン病 認知症 寿命

パーキンソン病と認知症の寿命

スポンサーリンク

パーキンソン病は認知症を引き起こしてしまいやすい病気でありその場合寿命は普通のパーキンソン病なら15年程度ですが認知症を合併してしまうと寿命は3年程度になってしまいます。
なのでその場合ご家族の場合ヘルパーの方を考えるなり入院を考えるなりしなければいけません。
ご家族の方は大変かもしれませんが仕方のないことです。
パーキンソン病の方は認知症をおこさないように注意をする必要があります。
毎日脳トレーニングをするなりボケないように努力をしていくことが重要になってきます。
パーキンソン病になると身体が動かなくなってしまい身体が動かなくなってしまうと認知症を引き起こしやすいということです。
寿命を残りわずかとなってしまいますのでそうならないたけにリハビリや脳のトレーニングをしていくべきです。
そして少しでも長生きしていけるよう努力しましょう。

スポンサーリンク

のこりの寿命のことも考えて生きていくことが大事です。
残りの寿命が少ないからといってできることは数多くありますし例えば身体が思うように動かなくても人の役に立つことはできますし世の中に貢献することはできます。
なので第二の人生ととらえて人の役に立つことを考えてみるなり何しろ自分が一番この選択をして良かったという人生を送ることが大事になってきます。
人生を振り返ったときに後悔のない人生が送れていたと思えるように努力をしていくことが大事です。
残りすくない寿命で今迄の人生を振り返ってみて今後亡くなるまでにいい人生をおくるために設計などをたててみるといいと思います。
そして目標などを決めてやっていくとやる気が出てきますし非常にいいと思います。
パーキンソン病はつらい病気ですがつらいということをあまり考えないでポジティブな気持ちを持つといいです。

スポンサーリンク