パーキンソン病 入院

パーキンソン病は入院必要か

スポンサーリンク

パーキンソン病は入院が必要な場合がある病でもあります。
末期になってくると動けなくなってしまいますので入院が必要になってきます。
それは仕方のないことでパーキンソン病は余命15年ぐらいなので末期は必ず誰もがそうなってしまいます。
そうなったときにあせらずしておくように心の準備をしておく必要があります。
パーキンソン病で入院するためにどこの病院に入院するか評判などをよく見ておいた方がいいでしょう。
リハビリをしていくことが大事になってくるのでリハビリをしないとパーキンソン病の進行ははやまってしまい動けない時間の方が長くなってしまいます。
また言語障害なども出てきてしまい何を喋っているか分からない状態にまでなってしまいます。
そうなる前に入院のこともよくかんがえておいた方がいいでしょう。
このような入院に抵抗がある人も考えるべきです。

スポンサーリンク

パーキンソン病は治らない病気で余命なども大体何年ぐらいかということは判明していますがだからといって残りの人生をあきらめずにどうしていくかということを考えていくべきです。
身体が不自由でも世の中に貢献することはできますしいいです。
また自分自身でよい人生だったとあとから考えて思えるような暮らしができるようにしておくことが大事です。
そしていい人生を過ごせるようにしていくことが大事になってきますから将来設計などもした方がいいでしょう。
家族にどのように話せばいいのかなど家族に負担をどのぐらいかけるかのかなど考える必要があります。
介護に来てもらうという手もあります。
または家族に介護してもらうという手もありますが最終的には自分でどうするか決めることなので、病院を探すなり最後は自分がいい最後を終えられるところを探しておくべきです。

スポンサーリンク