パーキンソン病 症状 末期

パーキンソン病の症状について(末期)

スポンサーリンク

どうもこんにちは!
今回の記事では、「パーキンソン病の症状について(末期)」ということで、このタイトルの内容にそって進めていきたいと思います。
ここで記載した内容がみなさんのお役に立てることが何よりうれしいことですので一生懸命書きたいと思います。
それではまいります。
まず、パーキンソン病についてどのような症状があるのかを見ていきましょう。
パーキンソン病の症状には4つの大きな要素があります。
1)振戦
2)無動
3)固縮
4)姿勢反射障害
この4つです。
一つずつ見ていきましょう。
まずは「振戦」についてです。
これは、何もしていなくても5秒に1回の割合で手足が振動したりふるえたりする症状です。
次に、「無動」についてです。
これは、動きというすべての動作が遅くなる症状です。

手足の動きから、表情の動き、瞬きですらおそくなります。

スポンサーリンク

続いて、「固縮」についてです。
これは、筋肉がこわばってしまい、スムーズに手足が動かせなくなる症状です。
4つ目の「姿勢反射障害」についてです。
これは、体のバランスがとりにくくなり、少し押されたりしただけでも倒れてしまうような症状です。
この4つの大きな症状についてご紹介しましたが、末期症状とはどのようなものなのでしょうか?
この症状が末期に達している場合、ほとんど寝たきりの状態となり、体の自由は完全に奪われてしまいます。
ここまでくると生きるという動作すら困難になりますので、死が一段と近づきます。
このように末期症状は上記のような感じです。
いかがでしたでしょうか?
少しでも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク