パーキンソン病 看護

パーキンソン病の看護について

スポンサーリンク

パーキンソン病は自分自身もとてもつらい病ですが看護も必要になってくる病気です。
看護をどのような人に来てもらうかということも考えた方がいいですし病院入院して治していくかどうか考えた方がいい場合もあります。
看護の場合は家族の方が看護をするかヘルパーの方に来てもらうかになります。
家族が看護をする場合は負担をかけてしまいますがそれは仕方のないことです。
今迄育てた分恩返しをしたいという場合もあると思いますし普通は家族が面倒を見ます。
薬代などはかかってしまいますが年金から出せる範囲内だと思います。
また障害者手帳を持つという場合もあり安くなる場合もあります。
家族の方はとても看護が大変かもしれませんがそれは仕方のないことでしっかりと面倒を見るべきだと思いますし家族で協力しあってパーキンソン病と向き合っていくことが大事です

スポンサーリンク

パーキンソン病は完治が難しい病気なのでだからといってあきらめずにリハビリはしておいた方がいいでしょう。
リハビリをすれば進行を遅らすことができるので進行を遅らして症状が進むのを遅らしていきましょう。
パーキンソン病が進まないように運動をすることはとても大事なことですし毎日することで生きる活性力にもなります。
そして認知症と合併しないよう気をつける必要もあります。
パーキンソン病は認知症を合併しやすいのでボケないように脳のトレーニングをしておくことも必要になります。
パーキンソン病は動けなくなってしまいますので脳の方も認知症になりやすくなってしまいます。
認知症になってしまうと余命も少なくなってしまいますし何とか防止していく必要があります。
そのために気をつけておく必要があります。
この病気は家族とともに向き合っていくことが大事です。

スポンサーリンク