若年性パーキンソン病

若年性パーキンソン病の症状等について

スポンサーリンク

若年性パーキンソン病とはその名の通りに、比較的若い世代が発症するパーキンソン病の事を言います。
一般的には20〜30代頃に発症するものとされていますが、中には中学生や高校生の時に発症するケースもあります。
 そもそもパーキンソン病がどういった疾患なのかというと、神経細胞の変性が関わっていると考えられています。
研究の結果として患者の脳の中では、ドーパミン性神経細胞に変性が起きている事が認められているのです。
ただ現段階では直接的な原因というものはハッキリしておらず、今も研究が続けられています。
 若年性パーキンソン病はこの一般的なパーキンソン病を若年で発症したものと、それ以外のパターンのものがあります。
もう一つのパターンとは遺伝が影響して発症するというもので、特に10代頃で発症するとこのパターンの可能性が高くなります。

スポンサーリンク

 若年性パーキンソン病を発症した場合に現われる症状としては、片側の手や脚に発生する震えや歩行困難等が挙げられます。
それ以外にも臭いが分からなくなってしまう嗅覚障害や、体に痛みが発生する等もあります。
 ちなみに年配者が発症するパーキンソン病は進行が早いのに対して、若年性は進行がゆっくりなのが一つの特徴となっています。
 若年性パーキンソン病の治療方法については薬物療法を行なう事が多く、数種類ある薬を使い分ける事になります。
薬物療法以外にもストレッチ等のリハビリや、充分な睡眠が取れるような生活習慣を身に付ける等の方法もあります。
 ちなみに発症した場合の寿命についてですが、現在は医療技術の発達により平均寿命と同じくらいまで生きられるようになってきています。
ただ寿命が延びるという事は疾患と付き合う期間も長くなる事にもなるので、それに対応する必要も出てきます。

スポンサーリンク