パーキンソン病 症状 末期

パーキンソン病の末期症状を回避する手段

スポンサーリンク

パーキンソン病の末期症状となる要因は体の衰弱によります。
寝たきりの状態が長くなると心肺機能が弱くなるからです。
出来るだけ末期は体を起こし車椅子に移る時間を増やすことで予後は大きく変わってくるのです。
パーキンソン病の症状は人それぞれです。
痛みが強い場合は薬を使うことで痛みのコントロールが出来ます。
パーキンソン病では末期に起きる症状の確率を減らすことで寿命にも影響されていくのです。
体のこわばりは医師と相談しながら入浴などでほぐすことも出来ます。
入浴は皮膚に与える温かいお湯の刺激でこわばりをほぐす効果があるのです。
また体を清潔に保ち感染予防になります。
短時間でも離床することでリハビリになり衰弱の予防に効果的なのです。
パーキンソン病患者は脱水を起こしやすいので水分補給は欠かせないことです。
全身状態を医師や看護師に確認してもらうことも必要になるのです。

スポンサーリンク

パーキンソン病患者の多くは飲み込みが上手くいかずに肺炎になりやすいのです。
肺炎の症状が末期では出ない場合があるのです。
肺炎予防や栄養状態の管理または脱水予防になる胃瘻造設を考慮することが必要になるのです。
胃瘻造設の造設をしても状態が回復すると元の体に戻す事は可能になるのです。
飲み込みを良くする為のリハビリを並行しながら、好物を口に入れる練習を取り入れる事でモチベーションが変わるものです。
パーキンソン病の末期になりやすい症状を取り除いていく事で寿命を伸ばす事に繋がります。
家族だけの介護から施設の利用を使う事で家族に余裕が出来ます。
周りの環境に敏感になりやすい状態から患者は解放されてストレスが減ります。
心肺機能を司る自律神経の安定にも関係してくるのです。
すると心肺機能の低下から起きる末期症状を回避する事になるのです。

スポンサーリンク