パーキンソン病 進行 速度

パーキンソン病は進行する速度を遅らせることが可能な病気

スポンサーリンク

パーキンソン病は50歳前後から発症する事が多く、突然片方の手が震える事が起こります。
また、動作がゆっくりになったり、筋肉が強張るなどの症状もあり歩きにくいと感じる事もあります。
何が原因でおこっているのかは、解明されておらず治るという事はない病気です。
脳の神経伝達物質であるドーパミンの量が減ることから、手の震えや動作がゆっくりになるという症状が出ているとされています。
パーキンソン病は個人差はありますがゆっくりな速度でも確実に進行していく病気です。
症状によって初期と中期と末期にわけられ、末期になってしまうと寝たきりになったり、言葉をうまく話せなくなったり、認知症の症状も出るようになる場合もあります。
患者本人だけでなく、周囲の人にも大きな負担になる場合もあります。
この症状には、神経伝達物質のドーパミンの影響だけでなく、服用するなどの薬の影響もあり、病気とうまく付き合うためには薬の量などの管理がとても大切です。

スポンサーリンク

パーキンソン病は治ることはない病気ですが、現在では薬の開発なども進み、病気の進行する速度を遅くしたり、速度を止めることが可能になってきました。
症状が出た時は、どこの病院を受診すればいいのか分からないということがありますが、脳の神経伝達物質の影響で起こる症状なので神経内科を受診する事が最適です。
病気になってしまうと落ち込んだりして家の中に閉じこもる事が多くなる方がいますが、体を動かさないでいると筋肉がさらに固まってしまうので逆効果なため体を動かしリハビリを行う事が進行を遅らせることにつながります。
50歳前後から起こるため、体の老化現象と病気の進行が重なり、体を動かさなでいる事が多くなりますが、初期の段階からリハビリと自分に合った薬の服用を行うことで、長く初期の段階のまま病気とうまく付き合っていく事ができます。
早くに症状に気がつき適切な治療をする事がとても大切です。

スポンサーリンク