パーキンソン病 進行 早い

パーキンソン病の中でも進行の早い疾患がある

スポンサーリンク

パーキンソン病の中には複数の疾患に分かれているのです。
パーキンソン病の症状が起きながらも進行が早い病気があるのです。
その中の一つの疾患では身体中の筋肉が硬直してしまいます。
動かそうという気持ちと真逆に体の機能が働く症状が起きているからです。
気が付かないまま進行していく事から仕事の能率が急激に落ちたりします。
また細かな手の動きが進行していくと出来なくなります。
発見が遅れていくと進行が進み平均では約五年で寝たきりとなります。
全身の管理が良いと余命は長くなるのです。
パーキンソン病と発病が似ていますが末期までの進行がとても早い病気でもあるのです。
認知症を伴う場合がありほとんどの患者は構音障害を併発しています。
意思の伝達方法など生活を工夫する事である程度までは回復していきます。
しかしこのような疾患はごく稀なケースなのです。

スポンサーリンク

発症の確率が低いとされている病気をごく稀なケースとされています。
専門医が少ない事から潜在している患者のほとんどが末期になってから特定疾患の診断が降りる事もあるのです。
状態の変化が早い事からパーキンソン病の症状と同じ症状が起きる理由には脳の疾患でありメカニズムも似ています。
この疾患はまだ治療方法が無いのです。
パーキンソン病の薬は一時的な効果を示すのですが直ぐに効果が出なくなる特徴があるのです。
対症療法により体の機能を維持する事が治療方針となるのです。
この疾患の場合でも末期は寝たきりになります。
同時に心肺機能が落ちてしまう事で酸素濃度が一定に保てずにいるのです。
医師により治療方針も変わる事から患者の予後も変わってしまいます。
専門医による診断や治療と患者の病識や周りの人の支えにより症状を維持することが優先されているのです。
パーキンソン病にはこの様にまだ医学的に解明されていない疾患もあるのです。

スポンサーリンク