パーキンソン病 進行 寝たきり

パーキンソン病の進行と寝たきり予防に必要なこと

スポンサーリンク

パーキンソン病は現在では良い薬が開発されています。
種類も多く一人一人の体に合わせて組み合わせを変える事も可能です。
進行していくと以前の治療方法とは変わっていきます。
その都度かかりつけ医と本人や家族が話し合いながら治療を進めていく事が出来るのです。
本人にとって不快な症状の一つでもある手の震えを止める事を優先するのか或いは痛みを先に取り除くことで動ける範囲を広げていく事が可能になるのです。
寝たきりにならない為には手の震えを後に回して痛みを押え日常生活を自力でこなせる様に主治医が本人に説明をして勧めてくれます。
やはり、医師と本人や家族の信頼関係は重要になると思うのです。
その他には本人の意欲を維持させる為には欠かせない家族の協力が必要になるものです。
パーキンソン病と向き合い進行を遅くしながら寝たきり予防を行う時に必要なことです。

スポンサーリンク

パーキンソン病は特定疾患に入ります。
国や市町村の福祉サービスを受けることが可能です。
しかも経済的な負担までカバーしてもらえることから、本人や家族の精神的な負担の軽減となるようです。
進行していくにつれ動きなどに制限が出てきます。
地域の包括支援を受けることで昼間は施設に行き入浴や昼食の介助を受けたり周りの人と楽しむ時間を本人は持つことが出来ます。
家族は昼間に自分のことをしたり介護以外の事に時間を使えるとお互いの気持ちに余裕が出来るものです。
寝たきりにならない様にリハビリは重要ですがやる気が起きないとストレスになります。
スムーズなリハビリは外に積極的に出すことで意欲を高める事に繋がるのです。
お互いの気持ちを言い合える環境が作られるとパーキンソン病では進行を遅らせる薬の効果を高めたり寝たきり予防に繋がっていくのです。

スポンサーリンク