パーキンソン病 余命

パーキンソン病の余命は

スポンサーリンク

パーキンソン病の余命は15年程度と言われています。
しかも脳の病気なので認知症と合併症を起こした場合、さらに短く3年程度で亡くなってしまう場合もあるみたいです。
65歳でパーキンソン病にかかると大体80歳ぐらいで亡くなってしまうということです。
65歳でかかる人は少ないと思いますが気をつけた方がいいでしょう。
適切なパーキンソン病の治療をうければ健常者とほぼ変わらない生活ができるようになるので治療をあきらめずに続けていくことが大事になってきます。
パーキンソン病にくわえて認知症を発症してしまうと危険なのでボケないように努力していくことが大事になってきます。
ボケ防止のトレーニングをするなりした方がいいです。
ただパーキンソン病なだけならとにかく認知症まで起こしてしまうとこうなると治るのは大変難しくなってしまいます。

スポンサーリンク

余命のことをよく考えて余命15年ぐらいで自分に何ができるのかということを考えた方がいいです。
余命15年でやはり自分の幸せのことばかり考えるのではなく他人のことをおもうのもいいかもしれません。
身体が思うように動かなくても人のために役に立つことはできます。
パーキンソン病は完全に治す方法のない難病の一つです。
そのようなことを意識した上で病気と向き合っていって今後どのように精神の状態をもっていくかなども考えてみるといいと思います。
何もしないでいるとよりはやく寝たきり状態になってしまいますのでそうならないために防止をする必要があります。
寝たきりにはならないためにリハビリや運動などして健常者と同じような生活を目指していく必要があります。
そのためには重症の状態になってしまう前に運動などをする必要がでてきます。

スポンサーリンク