パーキンソン病 遺伝 検査

パーキンソン病についての遺伝の可能性と検査について

スポンサーリンク

どうもこんにちは!
今回の記事では、「パーキンソン病についての遺伝の可能性と検査について」ということで、このタイトルの内容にそって進めていきたいと思います。
ここで記載した内容がみなさんのお役に立てることが何よりうれしいことですので一生懸命書きたいと思います。
それではまいります。
パーキンソン病を発症人の中に、家系の方が半分くらいパーキンソン病を発症しているケースがあります。
これは、医学的に解明されていませんが、遺伝子の遺伝によるパーキンソン病の発症だと考えられています。
通常、パーキンソン病は100万人に100〜150人程度の発症確率なのですが、家系で半分の方がパーキンソン病を発症しているということはかなりの高確率であるといえますね。
こういうこともあり、パーキンソン病の発症原因として、遺伝が考えられるわけなんです。

スポンサーリンク

そこで、事前にこのことについて知ることができないのか?
不安になるから検査できないのか?と思いますよね?
これは検査がしっかりとあります。
遺伝子検査があります。
この検査を受けることにより、「家族性パーキンソン病」であるかどうかがある程度判明します。
もし仮に家族性パーキンソン病の可能性があり、現在発症していない方は、パーキンソン病が発症する可能性が非常に高いということになりますので、前回の記事でも記載したストレス対策などもしっかりと行い、なるべく発症しない準備を行ってください。
というわけで、遺伝する可能性はあるというお話しでした。
参考になりましたか?

スポンサーリンク